ソファの種類を理解する

トップページ > 種類が豊富なソファ

インテリアの基本家具であるソファ

カーテンが風に揺らめくリビングルームは、家族が集まる集いの場所です。そしてお客様を招待したときにもくつろいでもらったり、1人の時でもリラックスしてゆったりと落ち着いた時間を過ごすのにも欠かせない場所です。

特にアンティーク家具のソファ等は、そんなゆったりとした時間をさらに過ごしやすく、ワンランク上の優雅な気持ちにさせてくれることでしょう。家具屋に行って座り心地の良いモノを選べばソファは完璧と思っていてはいけません。おそらくそんな気持ちでソファを見に行くと、想像以上のソファの種類に驚いてしまうはずです。

ただ座るだけのモノと行ってしまえばそれまでですが、ただ座るだけのシンプルなモノだからこそ、種類や色、素材など沢山のパターンがあります。そんなソファには、どのような種類や素材があるのでしょうか。

ソファの種類

一口にソファと言いましても、その形や大きさは様々なモノがあります。

僕の中では、豪華なリビングにあるイメージなのが、コーナーソファです。これはソファが、L字型に置けるようになっていてソファを置く場所が角になっている時や、L字にソファを置きたいと言った時に最適なソファです。ソファ自体のグレードはこのコーナーソファが良いモノというわけではなく、ピンからキリまであるのですが、僕のイメージでは、高級な感じです。

リビングの中央に大きなコーナーソファがあると広々としていて寝ころんでしまいたくなりますね。また、角の部分まで人が座ることができますので、沢山の人を呼んでパーティーをする時などにも良いかもしれません。。

そして日本人なら日本人らしくイスなんかに座らないで座布団や座椅子だろうと思いながらも、実はソファにも座ってみたいという人にピッタリなのがローソファです。このソファは、一般的に思い浮かべるソファの脚が無いモノ、もしくは脚が短いものを言います。これなら畳の部屋にも置くことができますし、思いつきもしない、コタツとソファというまるで異種格闘技のような夢の組み合わせも実現できます。このソファは単にイスが低いと言うだけではなくて、ソファの向こう側まで視線が行くので、部屋が広く見えるというメリットもあります。

カウチポテト族ってご存じですか?ポテトチップを食べながらカウチソファに寝ころぶ人達をこういう風に呼ぶのだそうです。そんな言葉もあるのがカウチソファです。カウチソファの特徴としましては、寝そべる事ができると言うことともこもことした肘掛けが片方、もしくは両方に付いていると言うことが上げられます。ゆったりと寝そべってテレビを見ながらリビングでゴロゴロするためにソファを探している人には、ピッタリのソファかもしれません。モノによっては、肘掛けの部分もリクライニングすることができるモノもあって、休みの日でもソファで寝ころんでいたくなるくらい気持ち良さそうです。

他にも1人掛けのソファや2人掛けのモノ、背もたれ部分がリクライニングになっていて角度を調節することができるモノ、ソファからベッドにできるモノなど種類は色々とあります。置く場所や座る人数、目的に合わせてソファを選べば失敗すること無く満足行くソファがきっと見つかるのではないかと思います。

pickup

ダイビングスクールを大阪で探す

最終更新日:2017/8/18

ページトップへ