テレビ台の選び方

トップページ > 収納にも役立つテレビ台

テレビ台

リビングのゆったりとした空間作りには、やはりオリジナルカーテンとソファは欠かせません。

そしてそのソファと抜群の相性なのがテレビです。まるで野球のピッチャーとキャッチャーのようになくてはならない存在です。ソファに座りながらお気に入りのDVDを見たり、ミュージックビデオを見たりするのは最高の気分になりますが、そんなテレビの下をふと見て見ると、そこにも家具があります。そうですテレビ台です。

中には寝室にもテレビを置いている家庭があることでしょう。

ビデオやDVDプレーヤーからファミコンまで、色々なモノを収納できる家具ですが、視線の集まる場所でもありますので、オシャレでスタイリッシュなモノを選びたいものです。そんなテレビ台を選ぶポイントを見ていきましょう。

テレビ台を選ぶポイント

テレビ台を選ぶポイントとしては、やはり収納家具ですからどれくらいのモノが入るのかと言うこともが大事な事です。大きくて沢山モノが入るテレビ台にこしたことはないのですが、テレビ台を置くスペースが広いとは限りません。ですので現在のテレビの周りにあるモノでテレビ台の中に収納したいモノを考えることから始めます。

テレビ台の中にしまっておきたいモノは何でしょう。DVDプレーヤーやブルーレイプレーヤー、ゲーム機、ゲームソフト、といったモノからテレビのスピーカーや、今だと地デジのチューナーなんかもあるかもしれません、そういったモノを一通り見てみて、どれくらいの収納なら入るかも頭に入れておきましょう。そうすれば必要最低限のスペースに入るテレビ台を選ぶ事ができます。この収納量ですが、ギリギリで全部入るモノを選んでしまうと、モノが増えたときにテレビ台に収納することができなくなってしまいますので、ある程度の余裕を持ってモノを入れられるテレビ台を選ぶと良いでしょう。

またこの収納部分についてですが、中が見えるタイプと引き出しやドアがついていているタイプがあります。そんなにテレビ台の中にモノを置かないと言った場合には、中が見えるタイプでも良いですが、育ち盛りで何でも触って悪戯してしまう年頃の子供がいる場合や、色々なものでゴチャゴチャしてしまっている場合には、引き出しやドアのついたタイプのテレビ台にして中を見えなくしてしまうという方法もあります。この場合には、引き出しやドアを開けることができるように、テレビ台の全面にある程度のスペースを確保しておく必要があります。

そしてテレビ台を選ぶ時の一番のポイントになる、テレビ台の高さです。これを決めるときには、まずテレビをどこで見るかをシミュレーションしなければなりません。畳に座ってテレビを見るのか、ソファでくつろぎながらテレビを見るのかによってもテレビ台の高さは変わってきます。目安としては、テレビの一番上の部分に目線が来るようにするといいようです。これは、人がテレビを見るときに一番楽な視線が目線よりも少しだけ見下ろすような位置だから名のだそうです。

他には、リビングやソファとの雰囲気を大事にして、同じイメージのテレビ台にしたり、色で統一したり素材で統一したりというのもおもしろいのではないかとおもいます。そして配線が見えないようにするとより一層スッキリとした印象になりますし、テレビ台の幅だけではなくて奥行きにも気を配って選べば、リビングに合ったテレビ台を見つける事ができると思います。

recommend

最終更新日:2017/1/30

ページトップへ